1文字を追加して単語登録する方法

1文字を追加して単語登録する方法

単語登録をするときに、あえて余分な1文字を追加して単語登録するという方法があります。

単語登録の基本は短い「読み」に登録することなのに、なぜ1文字を追加するのでしょうか?

本記事では、1文字を追加して単語登録するという裏技を紹介します。

なぜ1文字を追加して単語登録するの?

では、なぜ1文字を追加して単語登録するのでしょうか?

それはズバリ、変換候補が競合するのを防ぐためです。

たとえば、わたしが1文字を追加するときにもっとも使う(セミコロン)で理由を紹介しましょう。

「じゅうしょ」に自分の住所を単語登録するのはNG?

「自分の住所(例: 東京都単語区登録町1-2)」をじゅうしょに単語登録するという方法はメジャーですよね。

単語登録例

  • 東京都単語区登録町1-2
  • じゅうしょ

この方法を使うと、次のような文章を入力するときに困ります。

文章例

私の住所はこちらになります。

東京都単語区登録町1-2

「住所」と「東京都単語区登録町1-2」を使いたいときですね。

どちらもじゅうしょに単語登録されていると、次のように選ぶという作業が発生します。

住所

  1. 住所
  2. 東京都単語区登録町1-2
  3. 重所
  4. 重処
  5. 重書
  6. 重署
「じゅうしょ」で競合する例

1文字を追加することで入力を分けられる

そこで1文字を追加するという方法です。

たとえば東京都単語区登録町1-2を出すためにじゅうしょ;で登録するとどうでしょうか?

単語登録例

  • 東京都単語区登録町1-2
  • じゅうしょ;

次のように、2つの単語を別々の「読み」で入力することになるので、変換候補から選ぶ作業がなくなるのです。

2つを入力し分けられる
単語 読み
住所 じゅうしょ
東京都単語区登録町1-2 じゅうしょ;

1文字入力する文字が増えても、結果的には入力する時間が短縮されることになります。

1文字を追加して単語登録する方法

では、1文字を追加して単語登録する方法を3つ紹介します。

記号1文字(セミコロン)を追加して登録

わたしが一番オススメしているのは「;(セミコロン)」や「@(アットマーク)」のような「記号」を追加して登録する方法です。

たとえば、次のように登録します。

単語登録例

  • info@example.com
  • めあど

セミコロンをオススメしている理由は、非常に押しやすい位置にあるのに活用されていないからです。

詳しくはセミコロンを活用する方法をご覧ください。

単語登録にはセミコロンを活用しよう

ちなみにこの方法は、言葉の「裏面」を登録するときに活躍しますよ。

この方法はApple純正の日本語入力プログラムでは使えません。記号を「読み」に使えないからです。

アルファベット1文字を追加して登録

アルファベット1文字を追加して登録する方法もあります。

たとえば、次のように2つのメールアドレスを使い分けるときに便利です。

2つのメールアドレスの使い分け
単語 読み 理由
info@example.com
(個人アドレス)
めあどj jibun(自分)」の略である「 j 」を追加
kaisha@example.com
(会社のアドレス)
めあどk kaisha(会社)」の略である「 k 」を追加

アルファベットは記号よりも意味を持たせやすいので、いろいろな使い分けができそうですね!

「読み」にアルファベットを追加して単語登録する方法もご参考に。

アルファベットを追加して単語登録

数字1文字を追加して登録

記号、アルファベットだけでなく、数字を追加する方法もあります。

2つのメールアドレスの使い分け(2)
単語 読み 理由
info@example.com
(メインのアドレス)
めあど1 「メインで使っている」という意味合いで「 1 」を追加
kaisha@example.com
(サブのアドレス)
めあど2 「サブで使っている」という意味合いで「 2 」を追加

詳しくは「読み」に数字を追加して単語登録する方法をご覧ください。

数字を単語登録に利用する方法

まとめ

今回紹介した1文字を追加して単語登録する方法ですが、パソコンを使うすべての日本人に知ってほしい技です。

この技を思い浮かんだときに「自分ってすごい!」と自画自賛したほど(笑)。

変換候補を減らすことが単語登録では重要なので、ぜひ競合する変換候補をなくする方法もご覧くださいね。

競合する変換候補をなくする方法