単語登録したのに出てこない? 語尾が「n」で終わる「読み」は「ん」で登録するというルール

「 n 」で終わる「読み」は「ん」にする

単語登録をしたはずなのに「あれ? 出てこない?」という経験はありませんか?

もしかすると、語末が「 n 」で終わる「読み」だったことが理由かもしれません。

本記事では「読み」がアルファベットの「 n 」で終わるときは「ん」で登録するというルールについて紹介します。

「 n 」で終わる「読み」とは?

「 n 」で終わる「読み」とはどういう意味でしょうか?

たとえばわたしは「 n 」の1文字に記号の「 # 」を登録しています(参考: アルファベット1文字に単語登録する方法)。

アニメーションで見てみると、次のような感じですね。

「 n 」を「 # 」に変換して入力
「 n 」を「 # 」に変換して入力

Nを押してSpaceを押すと#に変換されるということです。

これを単語登録するときの「読み」は「n」ではダメで「ん」にしなければなりません。

単語登録例

  • #

もし「読み」を「n」で単語登録してしまうと、いくら「n」で変換しても登録した文字は出てきません。

「読み」が「 n 」で終わる例

ほかにも「読み」が「 n 」で終わる例を見てみましょう。

単語登録例

  • lん

この例だと「読み」をlnで登録しています。

理由は「学ぶ」は英語で「learn」なので、それを省略して「 L 」+「 N 」で登録しているわけです。

でも単語登録するときの「読み」はlnではなく、lんでなければ反映されません。

急いでいると「 n 」のまま登録してしまうのでご注意を!

まとめ

本記事で紹介した単語登録のルールですが、知っておかないと「あれ? 登録したのに?!」と焦ります。

アルファベットの「 n 」で終わる「読み」は「ん」にして登録すると覚えておいてくださいね。