「Apple純正IME」で単語登録・削除・訂正をする方法

Apple純正IMEで単語登録する方法

本記事では、Mac用のIME「Apple純正IME」で単語登録をする方法、削除する方法、訂正する方法、単語登録のショートカットを紹介します。

「Apple純正IME」で単語登録をする方法

「Apple純正IME」で単語登録する手順はこちらになります。

「ユーザ辞書を編集…」を開く

まずは「単語登録」のウィンドウを開きます。

画面上部にあるメニューバーからIME(文字入力プログラム)のアイコンをクリックし、「ユーザ辞書を編集…」を選択しましょう。

「ユーザ辞書を編集...」を選択
「ユーザ辞書を編集…」を選択

「+」を押す

出てきたウィンドウで「+」を押します。

「+」を押す
「+」を押す

「読み」と「単語」を入力

空欄のところに入力できるようになるので、「入力」の列に「読み」を、「変換」の列に「単語」を入力しましょう。

「読み」と「単語」を入力
「読み」と「単語」を入力

おtお疲れ様です。と出るようにしたいときは、「読み(『入力』の列)」におt、「単語(『変換』の列)」にお疲れ様です。と入力しましょう。

「Apple純正IME」で動詞の単語登録をする方法

「Apple純正IME」では、動詞の活用には対応していません。

たとえば、Google日本語入力かわせみでは、動詞で「活用しない部分」を登録・設定することで、未然形、連用形などをラクに入力できるようにする機能があります。

「Apple純正IME」で登録した単語を削除する方法

「Apple純正IME」で単語登録した単語を削除する手順はこちらになります。

「ユーザ辞書を編集…」を開く

まずは「単語登録」のウィンドウを開きます。

画面上部にあるメニューバーからIME(文字入力プログラム)のアイコンをクリックし、「ユーザ辞書を編集…」を選択しましょう。

「ユーザ辞書を編集...」を選択
「ユーザ辞書を編集…」を選択

削除したい行を選択

出てきたウィンドウで、削除したい行の上をクリックします。

削除したい行を選択
削除したい行を選択

「−」を押す

表の下のほうにある「−」を押します。

「−」を押す
「−」を押す

これだけで削除が完了です。

「Apple純正IME」で入力した単語を訂正(変更)する方法

「Apple純正IME」で単語登録した単語を訂正する手順はこちらになります。

「ユーザ辞書を編集…」を開く

画面上部にあるメニューバーからIME(文字入力プログラム)のアイコンをクリックし、「ユーザ辞書を編集…」を選択しましょう。

「ユーザ辞書を編集...」を選択
「ユーザ辞書を編集…」を選択

変更したい行でダブルクリック

表の中の変更したい行のところでダブルクリックします。

変更したい行でダブルクリック
変更したい行でダブルクリック

変更したらEnterで確定すればオッケーです。

「Apple純正IME」で単語登録をするショートカット

「Apple純正IME」で単語登録をするときは、ショートカットを設定しましょう。

Apple純正IMEでのショートカット

通常では「単語登録」のショートカットはありません

そこで、設定を自分でして使えるようにするのをオススメします。

「単語登録」のショートカットの設定方法

「Automator」というアプリで設定をすれば、単語登録のウィンドウをキー1つで出すことができるようになります。

以下で、そのやり方を詳しく紹介します。

(※ こちらのやり方はMacのユーザ辞書をキーボードショートカットで起動する方法 | ところで、こころでを参考にしました)

「Finder」を開く

いつも使っている「Finder」を開きましょう。

「Finder」を開く
「Finder」を開く

「Automator」を開く

「アプリケーション」の中にある「Automator.app」を開きます。

「Automator」を起動
「Automator」を起動

ロボットがパイプを持っているアイコンですね。

「クイックアクション」を選択

するとウィンドウが現れるので、その中から「クイックアクション」を選択します。

「クイックアクション」を選択
「クイックアクション」を選択

「AppleScriptを実行」をクリック

出てウィンドウの左上のほうにある「検索窓」で「apple」と入力すると「AppleScriptを実行」という文字が出てきます。

それをダブルクリックしましょう。

「AppleScriptを実行」をクリック
「AppleScriptを実行」をクリック

コードをコピペする

次のように「AppleScriptを実行」というウィンドウが出てきます。

Ime apple mac setting 04
Ime apple mac setting 04

そこには「on run」からはじまる文字列が入っていますが、すべて削除して次のコードに置き換えましょう

tell application "System Preferences"
 reveal anchor "Text" of pane id "com.apple.preference.keyboard"
 activate
end tell

コピペでOKですよ!

保存する

CommandSを押して保存しましょう。

すると登録した「クイックアクション(ショートカット)」の名前を入力するウィンドウが出るので、適当な名前をつけて「保存」のボタンを押してください。

名前を入力して保存
名前を入力して保存

わたしは「単語登録の起動」という、そのままの名前を入力しました。

「システム環境設定」を開く

続いて、アプリ「システム環境設定」を開きましょう。

「システム環境設定」を開く
「システム環境設定」を開く

「キーボード」を開く

「キーボード」を開きます。

「キーボード」を開く
「キーボード」を開く

「ショートカット」→「サービス」

ショートカット」のタブをクリックし、「サービス」を選びます。

「ショートカット」→「サービス」
「ショートカット」→「サービス」

ショートカットを追加

先ほど名前をつけた「クイックアクション(ショートカット)」が右側に出てくるので、チェックを入れ、「ショートカットを追加」ボタンをクリックします。

ショートカットを追加
ショートカットを追加

そのまま続けて入力したキーがショートカットとして登録されますよ。

わたしの場合はF7で登録しました!

まとめ

本記事ではMac用IME「Apple純正IME」で単語登録する方法、削除する方法、訂正する方法、単語登録ショートカットを紹介しました。

特にショートカットが使えないと単語登録をするハードルが高くなるので、ぜひ使えるようにしましょう。

そして「Apple純正IME」の単語登録を使いこなしてくださいね。