「x」に「◆」を単語登録している理由と活用方法

「x」に「◆」を単語登録

「◆」は非常によく目立つ記号ですよね。

この記号をわたしは「あとで書き換える場所の印」として活用しています。

本記事では「x」に「◆」を単語登録している理由と、活用方法について紹介します。

「テンプレート」を使っていますか?

冒頭からお話が飛んでいるように見えますが「テンプレート」を使っていますか?

仕事をされている人の場合、次のような「メールなどのテンプレート」を作っているはずです。

メールのテンプレート例





いつもお世話になっております。


株式会社 TANGOとUROKUのヨスです。


ご依頼いただいた商品のお見積りがご用意できました。


このメールに添付いたしておりますので、ご確認ください。


ではよろしくお願いいたします。



- - - - - - - - - - - - -

株式会社 TANGOとUROKU

受付担当 ヨス

同じような文章を毎回書くのは効率が悪いので、以前書いた文章を使い回しするわけですね。

「◆」はあとで文字に置き換えるための印

では、テンプレートで「相手の名前」のように相手によって書き換えるところをどうしていますか?

わたしは「◆」をあらかじめ入力しています。

メールのテンプレート例

◆様



いつもお世話になっております。


株式会社 TANGOとUROKUのヨスです。


ご依頼いただいた商品のお見積りがご用意できました。


このメールに添付いたしておりますので、ご確認ください。


ではよろしくお願いいたします。



- - - - - - - - - - - -

株式会社 TANGOとUROKU

受付担当 ヨス

そうです。

「◆」を「あとで書き換える印」として使っています。

なぜかというと、よく目立つからです。

「◆」を「x」で単語登録

「あとで書き換える印」という使い方は、数学で使われる「 x 」と非常に似ていますよね。

そのため、わたしはXに単語登録しております。

単語登録例

Xキーは、わりと押しやすい位置にあるにもかかわらず、日本語ではほとんど使われません。

その「使われないけど押しやすい位置にあるキー」を有効利用できるわけですね。

同じように、セミコロンキーを有効活用するのもオススメします。

まとめ

本記事で「 x 」に「◆」を登録しているように、アルファベット1文字に単語登録できます。

詳しくはアルファベット1文字に単語登録する方法をご覧ください。

アルファベット1文字に単語登録しよう