単語登録には「セミコロン」をフル活用しよう

単語登録にはセミコロンを活用しよう

こんにちは! 単語登録エバンジェリストのヨスです。

パソコンで単語登録をするとき、もっとも使える(・・・)キーをご存じでしょうか?

実は(セミコロン)キーなのです。

本記事では「なぜセミコロンが単語登録に役に立つのか?」について、詳しく紹介します。

「単語登録にセミコロンを利用する」とは?

そもそも「単語登録にセミコロンを利用する」とはどういう意味でしょうか?

【例】セミコロンをくっつけて単語登録する

文章で説明するよりも例を見たほうがはやいので、こちらをごらんください。

単語登録例

  • info@example.com
  • めあど;

セミコロンを単語登録の「読み」に使用していますよね?

多くの人がやっているめあどではなく、めあど;に登録しているのがポイントです。

「なぜこんなことをするのか」については後述していますよ。

セミコロンは前につけてもいい

上の例ではセミコロンをあとに付けてめあど;にしていますが、前に付けて単語登録してもOKです。

単語登録例

  • info@example.com
  • ;めあど

入力しやすいほうでご登録ください。

【Macの場合は注意】Apple純正の日本語IMEでは使えない

このセミコロンを利用するテクニックですが、Apple純正の日本語IME(日本語入力プログラム)では使えません

そもそも「読み」に「記号」を使えないことが理由です。

このワザを使う場合は「Google日本語入力」や「ATOK」をインストールすることをオススメします。

単語登録にセミコロンが便利である理由

では、単語登録にセミコロンが便利である理由について紹介しましょう。

「セミコロン」が付く「読みがな」が存在しないから

まずは、セミコロンがくっついた「読みがな」が存在しないという理由です。

たとえば「めあど;」という読みがながあったとしたら、どうやって読めばいいのでしょうか?

読めませんよね!

つまり、めあど;という「読み」で単語登録すれば、ほかの言葉と競合しないということ。

もし、自分のメールアドレスである「info@example.com」をめあどに登録してしまうと、次のようになります。

info@example.com

  1. info@example.com
  2. メアド
  3. めあど
「めあど」で漢字変換した例

「メアド」と入力したいときにも「info@example.com」が出て、変換候補が重なるのです。

「変換候補が重なること」についてはこちらをどうぞ。

競合する変換候補をなくする方法

「セミコロン」のキーが押しやすい位置にあるから

単語登録に「セミコロン」をオススメする2つ目の理由が、キーの位置です。

セミコロンを入力するためのキーが、非常に押しやすい場所にあるのです。

「セミコロン」は押しやすい位置にある
「セミコロン」は押しやすい位置にある

上の画像のように、文字入力するときは常に右手の小指で触れています

はタイピング時の「ホームポジション」のキーですからね!

常に触っているのに使わないキーがあるなんて、もったいない!

そういう意味でも、を有効活用したほうがいいのです。

セミコロンが日本語に馴染みのない記号だから

セミコロンを単語登録にオススメする3つ目の理由は、日本語に馴染みのない記号だからです。

そのため、「メアド」に「;(セミコロン)」がくっついていても、あまり違和感がありません

逆に、馴染みのある「♪(音符マーク)」がくっついてめあど♪で登録したとしたらどうでしょうか?

楽しそうな感じがして違和感がありますよね(「♪」は単語登録の「読み」に使えませんが)。

日本語に馴染みがないからこそ、「セミコロン=単語登録用の記号」という認識を新たに作ってもいいということですね。

セミコロンを活用する単語登録例

セミコロンは言葉の「裏面」を表すときに使うようにすると覚えやすいです。

言葉の「裏面」という考え方

まとめ

単語登録にセミコロンを利用するべき理由についてまとめました。

ぜひ、自由な発想で単語登録にセミコロンを活用し、文章を快適に入力しましょう!