【単語登録の実例】「カッコに入った文字・数字」を登録しよう

【単語登録の実例】カッコに入った文字・数字

単語登録しておくと便利なのが「【 例 】」のようにカッコに入った文字や、「【1】」や「(1)」のようにカッコに入った数字です。

本記事では、カッコに入った文字や数字の単語登録例を紹介します。

「カッコに入った文字・数字」は入力がめんどう

「【 例 】」や「【1】」のような「カッコに入った文字・数字」は入力がめんどうですよね。

特にスマホで「【1】」を入力する場合、ひらがな用のキーボードと数字用のキーボードを切り替えるのがめんどうくさすぎです!

そこでオススメなのが単語登録!

もちろん、カッコ自体を単語登録すれば、入力はラクになりますが、もっといい方法があります。

それが「カッコに入った情報」を単語登録する方法です。

【ローマ字入力】「カッコに入った文字・数字」を単語登録する例

では、ローマ字入力で「カッコに入った文字・数字」を単語登録する例を紹介します。

「カッコに入った文字」の単語登録例

カッコに入った文字」の単語登録は「読み」に「セミコロン」をくっつけて登録するのがオススメです。

メールの件名で使える印

メールの件名で使える「【 至急 】」のような印の登録例です。

「メールの件名で使える印」の単語登録例
単語 読み
【 例 】 れい;
【 参考 】 さんこう;
【 再送 】 さいそう;
【 至急 】 しきゅう;
【 重要 】 じゅうよう;

セミコロンを単語登録として使っている理由はこちらです。

ちなみに、この例のように単語登録の「読み」は言葉になっていなくても問題ないです。

「曜日」の省略

「月曜日」を「(月)」のように省略したものも登録しておくと便利ですよ。

「曜日の省略」の単語登録例
単語 読み
(月) げつ;
(火) か;
(水) すい;
(木) もく;
(金) きん;
(土) ど;
(日) にち;

「カッコに入った数字」の単語登録例

「カッコに入った数字」の単語登録は「数字 + セミコロン」や「数字 + アルファベット1文字」をオススメします。

見出しで使える「目立つ数字」

「【1】」のような、見出しで使える目立つ数字の単語登録例です。

「見出しで使える目立つ数字」の単語登録例
単語 読み
【1】 1;
【2】 2;
【3】 3;

箇条書きで使える「カッコに入った数字」

「(1)」のように、箇条書きなどで使える数字の単語登録例です。

箇条書きで使える「カッコに入った数字」の単語登録例
単語 読み
(1) 1c
(2) 2c
(3) 3c

この例で「数字」に「 c」をくっつけているのは、「( 」と「 C 」が似ているからです。

アルファベットを追加して単語登録する方法も参考になりますよ。

【スマホ】「カッコに入った文字・数字」を辞書登録する例

続いて、「カッコに入った文字・数字」をスマホ(フリック入力)で入力するときの辞書登録例を紹介します。

「カッコに入った文字」の辞書登録例

カッコに入った文字」の辞書登録は、頭にをつけて登録してしまいましょう。

メールの件名で使える印

「カッコに入った文字」の辞書登録例
単語 読み
【 例 】
【 参考 】
【 再送 】
【 至急 】
【 重要 】

をつけていますが、でもかまいません。

「読み」にをくっつけている理由は、ふつうは言葉の頭にこない文字をくっつけて辞書登録する方法をご覧ください。

「曜日」の省略

「曜日の省略」の単語登録例
単語 読み
(月)
(火)
(水)
(木)
(金)
(土)
(日)

「カッコに入った数字」の辞書登録例

「カッコに入った数字」の辞書登録もなどを「読み」の頭にくっつけて登録するのをオススメします。

見出しで使える「目立つ数字」

見出しで使える「目立つ数字」の辞書登録例
単語 読み
【1】
【2】
【3】

なぜ、「【1】」をに登録しているのかについては、スマホの辞書登録で「を」を活用する方法をご覧ください。

箇条書きで使える「カッコに入った数字」

箇条書きで使える「カッコに入った数字」の辞書登録例
単語 読み
(1)
(2)
(3)

先ほど紹介した見出しで使える「目立つ数字」と同じです。

スマホの場合、多少は同じ「読み」に登録しても問題ありません

まとめ

本記事で紹介した「カッコに入った数字・文字」を単語登録する方法とはべつに「カッコ自体」も単語登録するのをオススメします。

くわしくはカッコの単語登録例をご覧ください。

【単語登録の実例】カッコ